<200%blog_name>
ハリケーンの新製品情報や物作りの現場等・・・ハーリーの日常などなどボチボチとお届けします。

ポカポカ陽気な12月・・・・ハリケーン新製品情報です。

皆さんこんにちわ。2016年も残すとこ1ヶ月となりました。

いかがお過ごしでしょうか?

大阪は、12月に入っても只今の気温16度ポカポカ陽気です。

今日は、まだまだツーリング日和でしょう。

さて、ハリケーンから新製品が出ました。



グロムとZ125PROのパーツです。
名称未設定

GZ121.jpg

GZ127.jpg

GZ122.jpg

GZ123.jpg


GZ124.png

発売まで、もう少しお時間頂くモノもありますが、頑張って期日までには世に出せると思います。



大阪の今日の最高気温は14度らしい。冷え性の僕にとったら真冬です。

皆さん、こんにちわ。

しばらくブログを更新しなかったら、違う広告が出ていました。(笑)

先週末は、全日本ロードレース最終戦in鈴鹿にハリケーンもGPスクエアに4大メーカーに挟まれて出展してました。

行ったかた気づきましたか?

ホンダ→カワサキ→ハリケーンで休憩がてら→スズキ→ヤマハと言うお客さんの流れで、たくさんの人が足を止めて

くれてZ125とMT-09を見て跨って感じてくれました。

さて、イベント出展もひと段落してハリケーンはニューパーツをこれからドンドンリリースして行きます。

まずは、秋ころにココで発表してた、新型グロムのマフラーがそろそろ販売になりそうです。

http://www.autoby.jp/_ct/17011111
かなり本の厚みが薄くなって来た・・・付録で付いてるRIDEの方が厚みあるんじゃない?

っと言う、月刊オートバイさんのWEB記事にアップされてました。

ぜひスマホ・タブレット・パソコンでサクッと見て頂いたら嬉しいです。

WEBオートバイさんは、EICMA(ミラノショー)で発表されてる新型のバイク情報をいち早く日本の皆さんにお届けしてくれてるので

毎日が楽しいです!!こんなのを見ちゃうと買い替えたくなっちゃうんですよね~~。

あっ!!(ToT)ゞ スンマセン忘れてた・・・。

c84e64e046e4bd9a9f45a2da2b9276a0cd74fe01_xlarge.jpg
 
徳留選手!!チャンピオンおめでとう!!ハラハラドキドキ!!イチバン面白かったレースでした。見てるほうは。

ハリケーングロムのバランスが良くなったかも。


ノーマルマフラーでも、カッコいいんだけど・・・やっぱ、ハンドル変えて、フェンダーレスkit付けたら、マフラーも変えたくなる。

久々にハリケーンからマフラーが販売されます。
GROM フルエキゾーストマフラー

写真の全体的なバランスも良くなった気がします。
grommahura500-.jpg

詳しい詳細と販売日は、近日お知らせ致します。

Z125PROのマフラーも同時販売しますので乞うご期待!!

2016 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦 スーパーバイクレース in 岡山のレポートです。

2016年の4戦目!

6月末のSUGOでのレースから約3ヶ月。長い夏のインターバルが開け終盤戦に突入となる。
全日本選手権第8戦は岡山県美作市の岡山国際サーキットでの開催。J-GP3クラスにとっては4戦目となる。
_20160925_121654.jpg

岡山国際サーキットは岡山市内から約50キロ北東に位置するテクニカルコース。
アップダウンもあり中盤には低速コーナーが連続するインフィールド。コース前半と後半にはそれを取り巻くように比較的高速なコーナーが繋がるレイアウト。
全日本選手権の開催されるサーキットの中では路面のμが最も低く、常にグリップに悩まされる難しいコースである。

徳留としては、ロードレースを始めた頃から親しみのあるこのサーキットで優勝を目指し、少しでも優位な形で最終戦に繋げたいところ。

事前テストでは、久々の走行にも関わらずテスト1回目から好ペースで周回。
しかし、その後二日間の間で大きな進展が無く、対策に悩む事となっていた。
一週間後レースウィークに入り、金曜日のフリー走行は雨混じりのコンディション。午後になっても乾き切らずハーフウェット路面での走行。
完全ドライで走れず土曜の予選に向け不安を残す形となった。


9月24日 土曜日 天気 晴れ 路面コンディション ドライ   

公式予選  2位 1’37”198

APC_12791609240846(1).jpg

8時50分から行われる35分間の公式予選。
昨日と打って変わって路面は完全に乾き、予選はドライコンディションで行われた。
セッション開始早々、伊達が1分37秒994でトップに立つが、それを栗原がコンマ1秒上回る。徳留は1分38秒0で3番手につけている。
セッション序盤、転倒者がコースに残った事で赤旗が掲示され予選は一旦中断となる。
セッションが再開されるとサスペンションのセットを変更した徳留が37秒487をマークしてトップタイム。予選終盤には、栗原が37秒386まで更新しトップ。
その後再びピットでセッティングを詰めた徳留がタイムを更新し続ける。タイムの上がらないマシンに前を塞がれるシーンが多い中、37秒198をマークしトップタイムを更新する。しかし最終周に栗原がこれを更新。徳留は残念ながら僅か100分の4秒及ばず予選2番手となった。
ポールポジションは逃したものの、アベレージタイムでは栗原を上回っている。
レース当日はドライコンディションとなる予報。予選タイムを見るとランキングトップの栗原と5ポイント差で追う徳留のマッチレースとなる可能性が極めて高い。



9月26日 日曜日 天気  曇り

ウォームアップ走行  1位 1’37”681  路面コンディション ドライ

早朝8時から15分間のウォームアップ走行。曇り空の為気温は上がらず路面温度も低め。

予選から若干セットを変更しコースイン。
タイヤの温まりとセットの方向性を確認しながら周ごとにペースを上げ、トップタイムで走行を終了した。



徳留が岡山で今季2勝目を挙げる!


決勝レース 19周  路面コンディション ドライ
“晴れの国岡山”ではあるが曇り空が広がる。
徳留はフロントローの真ん中2番手グリッドから好スタートを決め、栗原に次ぐ2番手で1コーナーへ進入。2コーナーまでに伊達と安村に先行を許し4番手。
APC_32841609251003.jpg

トップ立った伊達を先頭に徳留はコントロールラインを4番手で通過する。
2周目、バックストレートからのヘアピンのブレーキングで伊達と安村2台をパスし2番手。トップ栗原のペースは思いのほか上がらず、3周目のヘアピンで徳留がトップに浮上する。
APC_14651609240903(1).jpg



5周目になるとペースの上がったトップ二人に対し3番手以降が離され始める。1分37秒半ばでコンスタントに周回する徳留に付いてきたのは栗原のみ。9周目の1コーナー進入で栗原がインに入るが、徳留はクロスラインでトップを守る。栗原はアットウッドカーブでも仕掛けるがクロスラインで徳留が前。13周目終了時点で後続に対し5秒の差となっている。
徳留の背後に着けていた栗原は、14周目、マシンの速さを生かしヘアピンでインから徳留に並び一旦前に出るが、余裕を持って徳留がインを刺し返す。
翌15周目のヘアピンでも栗原が徳留のインに並びトップに立つが、翌16周目の1コーナーのアプローチで徳留がトップを奪い返す。
APC_36411609251012.jpg

17周目のヘアピンでかなり強引にインを刺す栗原。しかし大きくラインを外し徳留がトップをキープ。18周目も同じ突っ込みで栗原がインへ、しかし大きくはらみ徳留が前。この執拗なまでの強引な突っ込みを巧みにかわしながら徳留はトップを走行し続ける。レースは遂にファイナルラップを迎える。1コーナーで栗原が強引にインへ。膨らんだ栗原を難なく徳留が奪い返す。アトウッドカーブでも栗原がインに切れ込むが大きく膨らみ徳留のトップは変わらない。そしてバックストレートでラインをインサイドに取った徳留に対し、栗原がマシンのスピードを生かし徳留をアウトサイドから追い抜き、更に徳留の走行ラインを塞ぐ形でインサイドへ向かいながらヘアピンへのブレーキングを開始。マシンコントロールを失った栗原は止まり切れずコースオフしそのまま転倒。徳留は煽りを喰らいながらもトップを守り切り今季2勝目のチェッカ-!結果、10秒後方の2位に山本、3位に安村となった。転倒した栗原は再スタート後5位でフィニッシュ。
ポイントランキングでは徳留が逆転し92ポイントでトップ。2位に88ポイントで栗原。3位は59ポイントで安村となっている。
次戦は11月5・6日。遂に最終戦となる鈴鹿MFJ-GPだ。
APC_47641609251036.jpg



徳留のコメント
MF8_11621609251046.jpg


岡山で優勝出来てとても嬉しいです!今年のGP3クラスはポールトゥウインがジンクスのようになっていましたが、2番手スタートから勝てたのでそれも壊せました。
4戦連続のホールショットは取れませんでしたが、逆にじっくりタイヤを温めペースを上げて行けました。
予選では単独でタイムを上げていた栗原選手の様子を伺いましたが、ペースは速くなく前に出ましたが、やはり僕がペースを上げると付いて来ました。
後半まで自分のペースを落とさずに集中して走っていましたが、栗原選手のマシンは十分速いのに僕のペースを乱すのが目的なのか再三無理矢理入って来るので、後方から激突されないようにうまくかわすことを心掛ける必要がありました。 レースも終盤になるとそのアタックも激しくなりましたが、自分のベストの走りをすることを考えていて、ペースを落とさず走り続けました。
最終ラップは最悪でした。1コーナーとアットウッドコーナーでの無理突っ込みに加え、ヘアピンの手前での走路妨害行為は非常に危険で、結果彼自身止まり切れず転んだようです。僕はその転倒を知らなかったので限界ギリギリの走りでチェッカーを目指す事になりました。
何はともあれ全日本で岡山初勝利となりとても嬉しいです。
今回はコースの走り方を考え直し、またトップランカーだった藤岡メカが僕にはない走りを提案してくれました。そのお陰でテストよりも1秒以上アベレージタイムを上げることが出来、最終的にレースでも勝つことが出来ました。心強いパートナーに恵まれ、チームも強くバックアップしてくれました。
最終戦鈴鹿ではチャンピオン獲得を目指して頑張ります!
MF8_08991609250952.jpg

いつも応援して頂いているスポンサーさま、ファンのみなさん、チームオーナーの松永氏を始めチームプラスワンの皆に感謝しています。




第8戦 岡山国際サーキット レース情報
●リザルト ・レポート●

・MFJ  http://www.mfj.or.jp/user/contents/race_result2016/road_race/2016result/rd08/gp3_final.html
・SUPERBIKE.JP  http://www.superbike.jp/news/2016/09/2_89.html
・BRIDGESTONE http://ms.bridgestone.co.jp/database/report_disp_type24?rid=6790
・HONDA http://www.honda.co.jp/JRR/race2016/rd08/
・東京中日スポーツ http://f1express.cnc.ne.jp/r2-1/index.php?cat_id=29&teiko_id=285392&archive_flg=&now_page=1

●テレビ放映・動画共有サイト●

・MFJ LIVEチャンネル
 J-GP3レース https://www.youtube.com/watch?v=e56S_qL6CmU


・SUPERBIKE.JP 
 J-GP3レースダイジェスト https://www.youtube.com/watch?v=EZpLrt8IMWo



・BS12 TwellV〈RIDE&DRIVE〉 http://www.twellv.co.jp/program/sports/road.html
 10月8日(土)よる7:00~7:55 第8戦岡山国際大会②[J-GP3/JSB(日)]

 同映像を 『WEBロックオン』 にて後日配信予定 http://www.web-lockon.jp/race/index.html

 

まだまだ出番が続く・・・MT-09(怪我から復帰しましたwww)



MT-09 は、まだまだ盛り上がってるんでしょうか?MT-10は、発売になったの?・・・ハリケーンにあるXSRは、いつドナドナ悲しい
別れが来るんでしょうか。゚(゚´Д`゚)゚。?

八重洲出版さんの 

MT-07&09 TRACER/XSR [完全ファイル]

にハリケーンMT-09コンドルハンドル仕様が載っています。

IMG_0004.jpg

HB0295C-10_MT-09_2.jpg

FATコンドル仕様です。詳しくココで書いちゃうと八重洲さんに怒られちゃうので、

涼しい大きな本屋さん(マニアックな雑誌なので置いてるかどうかワカラン)で見てくださいね(^∇^)ノ。

何か一言どうぞ。

プロフィール

ハーリー。

Author:ハーリー。
大阪単車用品工業株式会社です。大阪の下町でオートバイのカスタムパーツなどを制作・販売している50年以上続いている老舗会社です。

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

毎度おおきに!

検索フォーム

QRコード

QR

ツイート